【PS5】デモンズソウル リメイク版の評価、感想~PS3版との違い、改善点等~

記事を開いてくださった方々、誠にありがとうございます。

ブログを管理しております「あいあい」と申します。

先日PS5を購入し、念願のPS5版デモンズソウルをプレイ出来たので、今回はPS5版デモンズソウルをプレイした感想と、その「PS5版デモンズソウルがPS3版からどのくらい変化したのか」を書いていきます。

PS+プレミアムプランに加入されている方は、このデモンズソウルもゲームカタログに含まれているため、ダウンロードしてプレイできます。

Demon’s Souls | ゲームタイトル | PlayStation (日本)

PS3のデモンズソウルはプレイ済みです。というか大好きです。

キャラメイクのレシピも紹介しておりますのでよろしければ参考にしてください。

PS5版 デモンズソウルの感想

自分にとってはほぼ理想的なリメイク

一言で表すと、自分にとっては正に「こういうのがやりたかったんだ!」と思えた理想的なリメイク作品でした。

基本的にはPS3のデモンズソウルを忠実に再現しており、プレイしやすいように所々に若干の調整が加えられています。

なんとPS3版で存在した致命の一撃の裏技までそのまま再現されていました。

よくぞ残してくれました。

さすがにアイテム増殖などのゲームバランスを著しく壊すようなものは修正されています。

グラフィックの進化は一目瞭然で、原作の雰囲気を壊すことなくデモンズソウルの世界を非常に美しく表現しています。

PS3のボーレタリア

PS5のボーレタリア

正直実際にPS5専用ソフトをプレイするまでは、「PS4のゲームでも十分綺麗だし、そんなに違うのかな?」と思ってましたが、全然違いました。

PS5と同時に発売されたデモンズソウルでこのレベルなので、今後発売されるソフトへの期待感が非常に高まります。

BGMや効果音も重厚になっており、ヘッドホンでプレイすると迫力が段違いです。

大型のボス戦の迫力と緊張感も大きく増しており、特に「嵐の王」はすごかったです。

もともと原作のPS3版デモンズソウルが非常に完成度の高いゲームなので、

無理に大きな変化を加えず、痒いところに手が届くような調整を施した本作は自分にとってはかなり理想的なリメイクでした。

初代ダークソウルもこのグラフィックでプレイしてみたいですね。

ただ本当に原作に忠実なので、大幅なリメイクを期待していた方にとっては物足りないかもしれません。

キャラの顔や一部防具のデザインが変化してしまったのは残念

ほぼ不満が無いPS5版のデモンズソウルなのですが、キャラクターの顔や、PS3版で好きだった一部の防具のデザインが結構変わってしまっていたのは残念に思いました。

キャラクターの顔に関してはPS3とは比べ物にならないほどグラフィックが綺麗になっているので、多少顔が変わってしまうのは致し方ないのですが、元々顔が隠れていたキャラクター以外は「リアルになった」というより「別人になった」というほど変わっています。

ほとんどのキャラがかろうじて服装でイメージを保ってはいるものの、中には装備のデザイン変更により元キャラクターの面影も無くなってしまったキャラもいました。

ユーリアなんて本当に別人です。

こっちがPS3

そしてPS5で生まれ変わったユーリア

Who are you?

俺の知ってる黒髪サラサラストレートの儚げな美女はどこ行った?

こんな感じで服装も容姿も別人のように変わっているキャラクターもいます。

美人にしろとか男前にしろというのではなく、そのキャラクターの面影をしっかりと感じられるようなデザインにしてほしかったなと思いました。

アストラエアは結構そのままのイメージなのでご安心ください。

なお顔は関係ないのですが、キャラクターボイスもPS3から変更になっているため、ユルトの「ダァイスンスゥーン」もちょっとクールな「ダァイスンスゥーン」になりました。

ダァイスンスゥーン オリジン

ダァイスンスゥーン リメイク

ちなみにバクスタ取るとダァイスンスゥーンしないのでご注意ください。

ワァイユー!?はユルトを落としちゃったので撮れませんでした。

大変申し訳ございません。

PS3版からの変更点

グラフィック以外はPS3版からの変更点が少ないPS5のリメイク版デモンズソウルですが、PS3版で不便だった点の改善点や嬉しい変更が結構あり、よりプレイしやすくなっています。

以下は特に目立った変更点を紹介します。

体力回復アイテムの所持数に制限が付いた

デモンズソウルの回復アイテムである「半月草」「満月草」などの薬草類に所持制限が付きました。

こちらは多分オンラインマルチプレイの対人戦において、「草をあるだけ食うから勝負がつかない」という問題が発生しないようにだと思います。

ダークソウルシリーズでも回復(エスト瓶)の所持数に上限が設定されたので、これはそのような配慮の調整なのかと思われます。

プレイしていて全く気になりませんでした。

というかそもそも侵入自体が全く来ませんでした。

結晶トカゲを逃がしても、倒さない限りは出現回数が減らない

これはかなり嬉しい変更です。

PS3のデモンズソウルでは武器強化アイテムが取れるトカゲを逃がしてしまうと、それだけで出現回数が一回減ってしまうのですが、PS5版ではそのトカゲを倒さない限りは、逃がしても何度も配置されるようになっています。

新しい武器、防具、指輪が少し増えた

PS3版に比べ、少量の装備品が追加されています。

特に指輪に関しては「腐れ谷の沼地で足を取られず通常通りに動ける」ようになる指輪など、あって嬉しい指輪が追加されています。

そこまで大幅な追加はありませんが、こういったプレイ環境が良くなる物が追加されるのは嬉しいですね。

トロフィーの項目が変更され、ファンにとって懐かしい内容に

トロフィーの項目がPS3から変更になりました。

「ボス撃破」「すべての魔法、奇跡、指輪コンプリート」「エンディング」のようなものはPS3から続投しており、それ以外は面白いものに変更されています。

「ラトリアのバリスタをローリングで抜ける」「審判者をダウンさせずに撃破する」など、ファンにとっては懐かしい内容のトロフィーになっているので、トロフィー集めが楽しいです。

今作は派生武器を最終強化で取得できた「○○を極めたもの」や、貴重な武器をコンプリートで取得でした「戦士のトロフィー」のトロフィーは無く、武器に関してのトロフィー獲得難度は大きく緩和されました。

ただトロフィーコンプリートに関してはまた別に大きな問題点があります。

そちらは「残念な点」にて説明しております。

※指輪のトロフィーに関する注意点

指輪コンプリートのトロフィーに関して、キャラクターメイク時に贈り物で選択できる「天為の指輪」というPS5で追加された指輪があるのですが、これもトロフィー取得条件に含まれます。

贈り物以外での入手法が「探すものの大剣をキラキラピカピカで交換する」という方法で、探すものの大剣を作成する際には「曲剣を+8にして勇士のデモンズソウルで派生強化」する必要があります。

贈り物でもらえるアイテムは天為の指輪以外は消費アイテムなため、初見やトロフィーコンプを目的としている方は、贈り物は天為の指輪を選ぶことをおすすめします。

純粋な刃石が入手しやすくなった

デモンズソウルはおろかソウルシリーズ全体でも入手難度が鬼のように厳しかった「純粋な刃石」ですが、PS3版に比べて格段に入手しやすくなりました。

嵐の祭祀場に出現する「刀を持った黒い骸骨」のような敵が落とすのですが、

PS3版では特定の場所に出現する黒骸骨のみのドロップ、かつ黒骸骨自体が結構強敵、かつドロップ率が約0.5%と言われているち狂った入手難度でした。

ですがPS5版では黒骸骨であればどこの黒骸骨でもドロップするようになり、ドロップ率も上がっているようです。

これはデカい。

デカいけど、俺結局PS5でも一個出るまで4時間くらいかかったよ。

細い足場に乗りやすくなった

PS3版はキャラクターがふわふわした感じで非常に軽く、細い足場に乗ろうとしてもちょっとズレただけで落下することが多かったのですが、PS5版ではそれが無くなり、細い足場にあるアイテムを取りやすくなりました。

特にボーレタリアの最白で取れる色無デモンズソウルや柴染シリーズなんかはすごく取りやすくなってます。

キャラクターの挙動といえば、PS3版ではソウル体の時はソウル体らしくちゃんと自キャラの足音が消える仕様だったのですが、PS5版ではソウル体でも生身でも足音がなるようになっており、ここは少し残念に思いました。

手持ちの所持重量を超える場合は拠点に送れるようになった

デモンズソウルは「所持重量」の概念があり、所持できるアイテムの量に制限があります。

PS3では新たなアイテムを拾う際に所持重量を超える場合、そのアイテムを拾いたければ手持ちのアイテムを捨てたりしなければならなかったのですが、PS5版では所持重量を超えた場合は楔の神殿のトマスの袋に送ることが出来ます。

これにより、所持重量をあまり気にしなくても良くなりました。

この変更も非常に助かります。

反転世界が楽しめる「フラクチャードワールド」の追加

楔の神殿にある像に一度25000ソウル支払うと、いくつかの機能が使えるようになります。

その中にゲーム画面が反転する「フラクチャードワールド」というモードがあり、新鮮な気持ちでまたデモンズソウルを楽しめます。

動画では武器の持ち手も反対になっていましたが、攻撃ボタンはR1のままなのでちょっと混乱するかもしれません。

このモードでしか入手できないアイテムがあり、それを集めて所定の場所へ行くと防具が入手できるそうです。

「フラクチャードワールド」の切り替えは同じ像でいつでももとに戻せるので気軽に挑戦できます。

キャラクターメイクのやり直しが可能になった

上の動画でわかる通り、同じく楔の神殿にある像でキャラメイクのやり直しが出来ます。

キャラメイクは18000ソウルが必要で、一度払ったら以降は何度でもやり直しできます。

と思ってたのですが、ロードをし直すと再びソウルが必要な仕様みたいです。

キャラメイクのやり直し機能はかなり嬉しいですね。

なおキャラクターメイクの造形はかなり海外のゲーム寄りな造形になっているので、美形を作ろうと思ったら歴代ソウルシリーズでも最高難度だと思います。

残念な点

致命の一撃のモーションが長くなった

これは個人的に残念な変更点になるのですが、

PS3版と比べて致命の一撃のモーションが非常に長くなりました。

こちらがPS3の致命モーション

こちらがリメイク版の致命モーション

見た目は派手でカッコいいのですが、致命の一撃は使用頻度が高いので毎回これだとちょっとくどく感じてしまいます。

他プレイヤーと非常にマッチングしづらい

PS3のデモンズソウルでも人気だったオンラインマルチプレイが今作にも実装されているのですが、2022年時点ではマッチングするのが非常に困難でした。

発売から結構経ってますしゲーム内容が悪いわけではないのでこれを書くのは複雑な気持ちですが、それにしたってあんまりにも繋がらない。

PS3のデモンズ全盛期に遊んでいた方々から見たら信じがたいほどマッチングしません。

現在トータルで35時間ほどプレイしていますが、侵入は一度たりとも来たことは無く、青サインも全く見たことがありません。

僕は基本ソロプレイヤーなため、侵入も青ファントムもほとんどやらないので普段なら気にしないのですが、オンラインマルチプレイが困難であるがために非常に困ったことがありました。

それはトロフィーの取得です。

PS5版 デモンズソウルにはオンラインマルチプレイをしなければ取得できないトロフィーがあります。

今までソウルシリーズのトロフィーは全部コンプリートしてきたので、どうしてもトロコンしたくて何とか取得しましたがかなり時間がかかりました。(ほぼ待ち時間です。)

現在の環境ではこのトロフィーの取得難度が群を抜いて高いです。

デモンズに限らず、オンライン前提のトロフィーはこのようにマッチングのしやすさによって取得が困難になったり、サービスが終了してしまうとどうやってもトロコン不可になってしまうので、個人的にはトロフィーにオンライン関係は入れないで欲しいかなと思います。

総評

グラフィックが劇的に進歩し、プレイしやすい調整もされているかなり良いリメイク作品でした。

キャラクターの造形や致命モーションの長さなど、残念な点もありましたが、ゲーム内容はPS3版を忠実に再現しており、デモンズファンである自分は安心して楽しくプレイしています。

なにより10年以上経過してもなお古さを感じさせない、デモンズソウルそのものの完成度の高さを感じました。

高難度で有名なソウルシリーズではありますが、デモンズソウルはその中でも突破口を見出しやすく、難易度もそこまで高くは無いので、PS5で面白いゲームを探している方にも非常におすすめです。

PS+プレミアムプランに加入されている方は、このデモンズソウルもゲームカタログに含まれているため、気になった方はプレイしてみてはいかがでしょうか?

他のソウルシリーズに関する記事も投稿しておりますのでよろしければ覗いてみてください。

以上「デモンズソウル PS5リメイク版の評価、感想~PS3版との違い、改善点等~」でした。

最後まで読んでくださった方々、誠にありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!