BIOHAZARD VILLAGE(バイオハザード8)~ネタバレ無し 感想~

2021年5月8日にCAPCOMからリリースされました「BIOHAZARD VILLAGE」のメインストーリーをクリアしましたので感想をお話しします。

ストーリー内容に関しましては、皆さんには自分で実際にプレイして体験していただきたいのでネタバレはありません。ですので画像は少なめです。

購入を迷っている方もいらっしゃると思いますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

プレイした率直な感想

まずはプレイしてみて結局どうだったのかを先にお伝えします。

いきなりですが結論を言ってしまうと今作はかなり面白かったです。元々僕はバイオハザードシリーズのファンなのですが、それを加味しなくても相当楽しめていたと思います。

7の一人称視点をベースとし、1,2,3で特徴的だった「仕掛けを解きながら進む楽しさ」と4,5,6で特徴的だった「敵を倒したり探索したりしてアイテムを収集、売買し、武器や自身を強化する楽しさ」が非常に高いレベルでまとめられており、夢中になってプレイしていました。もちろんホラーゲームの金字塔であるバイオハザードシリーズということで「恐怖体験」もしっかり用意されています。

7とヴィレッジは一人称視点ということと、シリーズの過去作の人気キャラクターがほぼ登場しないということで、抵抗のある方も多いと思います。

しかし、プレイしてみると過去作との繋がりが感じられる部分があったり、何より一本のゲームとしての楽しさがしっかりあります。

7は今、DLC入りが3000円程で購入できるため、少しでも興味があれば一度プレイしてみてはいかがでしょうか?

次に良かった点、欠点をお話しします。

良かった点

今回僕が良かったと感じた点は

・グラフィックが更に綺麗になった。

・敵を倒すことでお金やアイテムを獲得できるので戦闘の意味がある。

・探索できる場所が多く、アイテム収集が楽しい。

・武器の種類が7と比べて増えた。

・武器や主人公の強化が出来る。

・主人公の「イーサン」が凄く魅力的なキャラクターになった。

・ストーリーが面白い。

・ボス戦が面白い。

・攻略ステージごとに特徴があり、飽きない。

・ゲーム全体のボリュームが7に比べ格段に増した。

以上の10点でした。

これを「グラフィック」「システム」「ボリューム」「演出」にわけて説明します。

グラフィック

まずグラフィックに関してなのですが、7でもかなりリアルだったグラフィックがより一層リアルになりました。下は7とヴィレッジの「手」の画像です。7は肌がツルツルしていますがヴィレッジはしわや毛穴がかなり細かく表現されています。画像はどちらもsteam版です。両方同じ画質で撮影しました。

バイオハザード7
バイオハザードヴィレッジ

REエンジンを採用したCAPCOM製のゲームはグラフィックが非常にリアルで、バイオハザード7の時点で世界で見てもトップクラスだと思いますが、今作は更に細かく描写されていました。今後もっと高水準なゲームが出てくる可能性はありますが、現状これ以上ないくらい「実写に近い表現」が出来ていると感じました。

今回、ネタバレ無しということで画像をあまり載せることができないので残念です。

システム

まずは戦闘に関してです。

操作は基本的に7と同じです。体術はなく、ギミックがあるステージ以外は武器のみでの戦闘になります。

僕は一人称視点のゲームを本格的にプレイしたのはバイオハザード7が初めてで、他の一人称視点のゲームと比較はできませんが、操作はしやすいですし、発砲した時やヘッドショットの爽快感はしっかりあります。

操作ももちろんなのですが、僕がヴィレッジの戦闘が楽しい理由はそれに加えて「敵を倒して報酬が得られる」からでした。

これはシリーズではバイオハザード4、5、6で導入されていたもので、最も近いのは4でしょう。

ネット等でも言われていますが、今作は「バイオハザード4」を強く意識したシステムが多く導入されています。

今作では4と同じように商人がいて、アイテムを売買したり、武器の強化や自身の強化が可能です。

アイテム管理に関しても、7や1、2、3のように「所持できる数が少ないアイテムを取捨選択してやりくりする」というものでなく、まんま4のアタッシュケースのシステムが採用されていました。

武器は5、7、REシリーズのようにショートカットを十字キーに割り当て、瞬時に切り替えることが出来ます。

ボス戦もガチ戦闘あり、ギミックボスありと単調にならず、どのボスも本当に楽しいです。

次に探索要素に関してです。

マップは「ヴィレッジ」のタイトル通り、一つの村を中心に、各ステージに向かいボスを倒して、村に戻ってくるという形になっています。

前作の7ではどちらかというと「攻略に必要なアイテムを探す」という割合が多かった探索要素ですが、今作はそれに加え、「換金アイテムの収集や強力な武器の取得」が加わりました。

マップの広さはそれほど広くありませんが、隠し道があったり、仕掛けを解いて高額な換金アイテムを手に入れたりと、遊びの幅がかなり広がりました。

アイテム収集を楽しみながらのんびりプレイしても良し、従来のバイオハザードシリーズのように〇時間以内クリアを目指すのも良しと、周回プレイも楽しめます。

ボリューム

ストーリーはそれほど長くありません。僕は初見で10時間ほどでした。

他のジャンルのゲームと比べると短いように感じますが、バイオハザードシリーズは元々メインストーリーは短いものが多いので気になりません。

周回要素があるゲームはメインストーリーが長いことが必ずしもプラスにはならないので、ちょうど良い長さだと思います。

むしろ中身が非常に濃く、ストーリーを1周クリアしただけでも物足りなさは全く感じませんでした。

現時点で難易度が4つあり、高くなるにつれてクリア時の報酬が良くなるので、何度も挑戦したくなります。

そして今作は、バイオハザード3で初登場したミニゲーム「マーセナリーズ」が久々に登場しました。シリーズでは6以来の登場ですが、システムが6と比べシンプルになり、とっつきやすくなっています。これは今までのマーセナリーズを期待していた方からすると賛否が分かれる部分だと思いますが、中毒性は健在で、これだけでもかなり長時間楽しめます。

前作7はDLCが来るまでメインストーリーの周回以外はすることがほとんどなかったのですが、ヴィレッジは現状、DLC無しでもボリュームは十分でしょう。むしろすでに値段以上に楽しませてもらってます。

これにDLCが来ると思うと今年一年が楽しみで仕方ありません。

演出

演出面に関してです。

ストーリーは7の続きで、7をプレイしたことのない方は、ヴィレッジに7のストーリー解説動画が収録されているのでそれを見ればより一層楽しめると思います。

7は全体的に暗く、不気味で不潔なイメージをかなり強調していましたが、ヴィレッジは「暗い地下」「汚れている建物」「綺麗な建物」「暗く不気味な場所」といった具合にロケーションが豊富です。それでいて「そこを歩く、という恐怖」を体験できるので、最初からクリアまで飽きが全く来ませんでした。

メインストーリーが長すぎないこともバイオハザードシリーズにとってはむしろ良いことだと考えています。

ストーリー内容は言いません。が、シリーズファンの僕にとって衝撃を受ける事実がありました。おそらく1、2、3、5あたりをプレイしていないとわからない内容なのですが、それをムービーではなく「ファイルを読む」ことで判明するところがバイオハザードらしくてたまらなかったです。

そして今作で最もと言っても良いほどよかったと感じたのは主人公、「イーサン」の魅力でした。

7で初登場し、あくまで「プレイヤーの代役」と言った趣が強く、「畜生!」や「クソッ!」など「よく悪態をつく兄ちゃん」といった印象があったイーサンですが、今作では感情表現が非常に豊かになっています。

悪態をつくのは相変わらずですが、敵に対しての怒り、自分の置かれた状況に対しての絶望、家族のために必死に戦う姿など一人の「人間」として凄く魅力的なキャラクターとして存在していました。

バイオハザードシリーズではレオン、ジル、クリス、クレアの4人がほとんどのシリーズで主人公を務め人気も高いです。

しかしこのイーサンは顔が一切わからず、服装もこれと言って特徴がなくとも、その4人と肩を並べても決して劣らない魅力を持った主人公でした。

欠点

ゲーム部分で欠点と感じた部分はほとんどありませんが、1点だけ。

7にも言えることなのですが、痛々しい描写や、見た目が強烈で人によっては全く受け付けないようなデザインのクリーチャーが登場します。グラフィックがかなりリアルな為、それらもかなりリアルに表現されています。

通常版とグロテスクバージョンがありますが、通常版で身体欠損描写が無くても痛そうな描写やクリーチャーのデザインは変わらないため、そういったものが苦手な方にはつらい箇所があります。

最後に

CAPCOM製のゲームは近年面白い作品が立て続けにリリースされていますが、今作も期待を裏切らない非常に楽しいゲームです。

「一人称視点は苦手でもバイオハザードは好き」だという方には特にプレイしてほしいゲームです。

グロテスクな表現に抵抗が無い方には非常におススメです。

※バイオハザード ヴィレッジには通常Verと描写が過激なZVerがありますので購入の際はご注意ください。

通常Ver

ZVer